価値の変化を推進します

私のお知り合いの皆さんに意見をお聞きすると、花の中では断トツ、バラが好きだと言われます。勿論年代や性別により好きな花や色があることは事実ですが、全体的にバラは人気です。しかし日本ではバラの生産が年々少なくなり、更にコロナの元では結婚式、パーティーなどが手控えられ、今年は益々需要が減退するのではないかと考えられています。

私はこの様に人気のあるバラの普及拡大にもっと努力をすべきではないかと考えています。もっとも不思議なのは30㎝、40㎝のバラは安く、60㎝、70㎝が高いことです。従来の常識ではこれを打破することは出来ませんが、問題はその価値です。見る人たち、購入する人たちがいいとなればいいのです。大きなバラに価値があるように、小さなバラにも価値を認められれば、その価値はサイズに関係なく同じ価値なのです。

今後、私たちはサイズの関係なく、価値を認めて頂けるよう努力してまいります。大小で価格が異なるとすればそれは物流費だけだと考えています。

投稿者: 守重知量

インパック株式会社 取締役会長 株式会社守重本店 代表取締役

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中