もっとバラを広めたい!

私たちインパックはエチオピアのバラの普及に努める立場にいます。単に売りたいだけでなくエチオピアのバラを更に紹介していきたいのです。2000名を超える流通関係者の集まりで私は、北海道アークスの社長であり、日本ス-パーマーケット協会の会長である横山様に「エチオピアのバラ1億本を販売する」旨お伝えしました。まだ200万本の時です。今でも300万本程度です。

昨日の事ですが、イギリスの写真を見て、少しばかり熱意が足りず更に信念が不足していたことを感じ大反省をいたしました。イギリスには8系統のスーパーマーケットのチェーンがあります。またおそらく、同じくらいの数のブーケメーカーがあり、切花を納めています。その上、各社の売り場には多くのバラが単品で売られ、ブーケとして売られています。オランダでも同じことです。少々大げさですがバラは売り場の1/3を占め数多く販売されています。しかしここに至るまで簡単ではありませんでした。

その前提には生産の安定があります。産地がオランダから東アフリカに移り、巨大化し、現在は恐らく年間60億本が東アフリカからヨーロッパへ輸出されています。また、販売場面では単品束からブーケへの移行の際、何度も実験を繰り返しました。大手のブーケメーカーはテストの繰り返しや、思うように売れないことから随分体力を消耗したこともあったそうです。

インパックはオランダやイギリスの関係者と同じように努力したか、更には単なる熱意を執念まで高めているか、など考えなくてはいけないことが沢山あります。横山会長と約束をしたバラ1億本へ向かってギアを入れ直す必要があります。

投稿者: 守重知量

インパック株式会社 取締役会長 株式会社守重本店 代表取締役

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中