花の段ボール

私の家内に娘たちが母の日を始め誕生日などにお花を贈ってくれます。ある時思い切り大きな箱が家に届き、玄関を開けた際、その正面に驚くほど大きな段ボールケースが鎮座していました。家内は箱の向こうから「どうにかしてくれ」と言わんばかりに私に開梱を頼みました。中には5本立のファレノが入っていました。箱の中はファレノが簡単に取り出せないほど粘着テープが張られていました。更に箱を壊すには多少熟練を要する必要があり、女性には無理な話でした。また、ある時は有名な生花小売店から送られてきたブーケは花が倒れてもいいように粘着テープでぐるぐる巻きになっていしました。テープを外すだけでも一仕事です。一言でいうと「いやになってしまう」です。

私はこの時、インパックの花用の段ボールは粘着テープで花を固定する必要のない箱を開発すると決めました、現在の販売する箱は一切粘着テープ使用しなくてもブーケが固定出来る構造になっています。

花の段ボールは届けられた際、開けるのが少々恐怖です。その取り出しにくさを解消しました。広めていきたいと考えています。

投稿者: 守重知量

インパック株式会社 取締役会長 IPホールディングス株式会社 代表取締役社長

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中